カードローンの審査では在籍確認がある

カードローンを利用できるのは、安定した収入を持っている人です。これに該当する人は収入を得るために通勤している職場があります。申し込み時には必ず勤務先の情報も記入するので、金融機関は後日勤務先とされる場所に連絡して申込者が本当に勤務しているか在籍確認を行っています。お金を借りる時に最も重要なのは信頼関係で、安定した収入を装うために嘘の勤務先を申告していないかを調べることは欠かせません。在籍確認はカードローンの審査の時に行うので、嘘が発覚した人は審査から落とされます。申込者のほとんどは会社にカードローンの申し込みをしたことを知られることを嫌がります。消費者金融ではプライバシーに配慮して会社の名前は出さないで、個人の名前を使って確認します。銀行からの連絡では銀行名は出しますが、銀行ではカードローン以外にも預金などのサービスも扱っているので、連絡を受けた人がカードローンの在籍確認をしていると考える可能性は低いです。

銀行によっては申込者の希望を受けて、銀行名を伏せることもあります。基本的に在籍確認の連絡は非通知で行います。着信履歴に電話番号を残してしまうと、他の職員が電話をかけた時に消費者金融や銀行につながって個人名を使った意味がなくなるためです。ただし会社の中には非通知の電話がかからないように設定しているところもあります。そのような会社に対しては電話番号を通知するしかないので、かけ直した職員にカードローンのことがバレてしまうこともあります。消費者金融ではこのリスクを踏まえて、コールセンターの名称を消費者金融とは分からないものに変えるという対策をとっています。よって現在は誰かがかけ直しても在籍確認のために電話したことがバレることはほとんどないので、プライベートな問題を知られる心配はしなくても良いです。書類で在籍確認を行うこともありますが、申し込んだ金額が50万円以上であれば電話が一般的です。