キャッシングを利用して気づいた良い点・悪い点

okanemochi

私がキャッシングを初めて利用したのは 20代後半でした。そこそこ大手の会社に勤務していたのでお金に困ることもなく逆にバブル時代だったこともあり給料とボーナスを余すことなく使ってました。(今思えばそこが失敗のもと)結婚して仕事と家事の両立が煩わしくなってしまった私は仕事を辞めてしまいました。

その後、バブルがはじけてしまいましたが金銭感覚が麻痺したままお金を使っていた結果、キャッシングによる返済生活が始まった訳です。多い時は3社から借りてました。それは…例えばA社からの借入金額が限度額に達してしまうとA社に返済するためにB社から借りてしまう…いわゆる多重債務に陥ってしまったのです。自分で言うのも何ですが、真面目に返済しようとするあまりそうなってしまったんでしょう。

最終的にC社に手を出した時点でこれではマズイ事態になると深刻に悩み徹底的にお金の使い道を考え直し、パートの時間を増やし新たに借りることはしないで返す為に色々考えました(これが一度ハマるとなかなか脱け出せない底無し沼なんです)

多少期限が遅れても新たに借り入れをするより遅延金を払う方が負担は少なくて済む場合もあるんです。それはローン会社の方にきちんと相談する事です(勝手に判断すると更に痛い目に合うので気をつけて下さい)収入と支出のバランスを考え家計費を徹底して見直しどうしてもやむを得ない時にだけ借りる。これが大前提。今は借入金は一切ありませんがそれでも急な出費はあります。

そんな時はキャッシングしますが返済金額は5万円以内と決めています。それなら多重返済にならずに済むから。自分の収入を十分に把握した上で利用すればいざとゆう時に困らないで済みます。 キャッシングを利用する場合はまずは本当に必要なお金かどうか?十分に考えて利用しましょう。過去の苦い経験は繰返したくはありません。CMでよく耳にする『ご利用は計画的に?』を身をもって体験したお話しでした。