カードローン利用の審査では在籍確認もされます

急な出費が重なり、ご自身の収入や貯金などでは賄えないような状態の人は、カードローン会社に融資のお願いをする方法もあります。カードローンは、利用使徒が決められていない借金の方法ですので、どのような理由で借金をするのかということは問われません。

電話やインターネットで融資のお願いをしますと、まずは本人確認のためにご自身に電話連絡があります。そして、具体的にいくら借りるのかということを決めていくのですが、カードローン会社にとって大切なことは、融資をした金額とその金利分をしっかりと返済する能力があるか否かを重要視します。

具体的には、ご自身の収入、他の業者からなどの借入状況、過去に金融事故を起こしていないことなどです。それらをクリアすれば、少なくとも融資を受けられる条件をクリアしているのですが、ひとつ利用者にとって不安になることがあります。それは、会社への在籍確認をすることです。カードローン会社は慎重に審査をしますので、ご自身が勤務している会社をかけて、本当に在籍しているか否かを調査するのです。

普通の人ならば、お金に窮してカードローンを利用していることを他人には知られたくないはずです。特に会社の上司や同僚には知られたくないのです。在籍確認をされて借金をしようとしていることが知られてしまうことが不安で、カードローンの申し込みを躊躇する人もいますが、特に気にする必要はありません

在籍確認といっても、カードローン会社の名前で電話連絡があるわけではなく、個人名などで連絡をしてくるのです。もちろん、本人が電話に出る必要はありません。仮に出張していたり、会議などで席をはずしていても、他の人が電話をとり、出張中、会議中ということがわかれば、確かに在籍しているという判断ができるからです。また、審査に通らない理由として意外と多いことは、今の職場に長年勤務していないことです。転職ばかりしている人は、安定した収入を得ているとは考えられないからです。