カードローンとは使い道自由なお金を無担保で借りること

ME_biz20160902181915_TP_V

カードローンとは担保を必要としない融資のことで、借りたお金は自由に使うことができます。住宅ローンやマイカーローンのように使い道が指定されていないので、急にお金が必要になった時に利用しやすいです。

カードローンを扱っているのは消費者金融や銀行で、窓口やインターネットを通して申込みます。インターネットで契約すれば即日融資が可能となる場合が多いので、最近ではインターネットならば24時間いつでも申し込めることを宣伝する消費者金融や銀行が増えています(即日カードローンについての解説

審査は事前審査と本審査があります。事前審査とは申し込んだ人の信用情報を調べることで、クレジットカードの保有状況やカードローンの返済に遅れたことがないかなどを調べられています。事前審査で個人情報の確認も行われているので、収入や勤務先などは正確に答えるのが良いです。

収入の割に申し込み額が多かったり、過去にお金の貸し借りでトラブルを起こしていたりすると本審査には進めません。事前審査に合格した人は、収入証明書や本人確認ができる書類を郵送して本審査を受けます。インターネットでは必要書類の画像を送ることで、本審査をスピーディーに行っています。

勤務先や年収、持ち家の有無など複数の項目があり、一定以上のスコアを獲得した人がカードローンを利用することができます。審査と聞くと厳しくてなかなかカードローンを利用できないと考える人もいますが、実際は必要事項に誤りや漏れがなく安定した収入があれば利用することができます。

融資する側が借入上限額を決めるので、無理なく返済できる範囲でお金を借りると良いです。カードローンは何度でもお金を借りることができるので、必要もないのにまとめてお金を融資してもらう必要はありません。専業主婦は仕事を持っていないので安定した収入もありませんが、配偶者の収入証明書を用意し毎月収入があることをアピールし配偶者の同意書を得られれば問題ありません。

カードローンは返済の方法の確認も

TAKEBE_meitenss_TP_V

カードローンを利用する場合、借りることができるかどうかを考えることも多いものですが、大事なことは返すときのことを考えておくということです。返済できないお金を借りても後で苦しくなるだけですから、まずは返済できるかどうかを考えてから借りるという選択肢がはじめて生まれます。

そして、それと同時に大切なことが返済の方法も予め確認しておくことであり、返済の仕方によっては余計な手数料がかかってしまうこともあるので注意をしておきましょう。少額の短期間の借入の場合金利の負担が少ないので、返済するのにかかる手数料の割合というのは大きくなってしまいますから、お金がかかる方法で返すと勿体無いものですし、長期間借りるにしても同様に返す度に数百円と金利の他に手数料を支払わなければならないとなるとお金が無い状況だけに負担は大きくなってしまいます。

そのため、負担にならない返済の方法があるのかということも確認をしておくのは大事なことになるのです。カードローンで用意されている返済の方法としては、銀行振込や提携ATMからの入金、口座引き落としなど様々なものがあります。銀行振込の場合には振込手数料がかかりますから、その分の費用を計算に入れておく必要がありますし、提携ATMを利用する場合にもATM手数料が発生することが多いので抑えておきましょう。

口座引き落としの場合には手数料がかからないことが多いので、返す際の手数料の節約をすることができますがどこでも対応をしているわけではないので、その点は注意が必要です。一番いいのはそのカードローンの自前のATMが近所にあるというケースで、これを利用した場合には手数料が発生しないので余計な費用の負担がかからずにお金を借りることができます。返済にかかる手数料は数百円といってもちりも積もれば山となると言いますから、出来る限り余計な出費は増えないように事前に確認をしておくことは大切です。

カードローン利用の審査では在籍確認もされます

急な出費が重なり、ご自身の収入や貯金などでは賄えないような状態の人は、カードローン会社に融資のお願いをする方法もあります。カードローンは、利用使徒が決められていない借金の方法ですので、どのような理由で借金をするのかということは問われません。

電話やインターネットで融資のお願いをしますと、まずは本人確認のためにご自身に電話連絡があります。そして、具体的にいくら借りるのかということを決めていくのですが、カードローン会社にとって大切なことは、融資をした金額とその金利分をしっかりと返済する能力があるか否かを重要視します。

具体的には、ご自身の収入、他の業者からなどの借入状況、過去に金融事故を起こしていないことなどです。それらをクリアすれば、少なくとも融資を受けられる条件をクリアしているのですが、ひとつ利用者にとって不安になることがあります。それは、会社への在籍確認をすることです。カードローン会社は慎重に審査をしますので、ご自身が勤務している会社をかけて、本当に在籍しているか否かを調査するのです。

普通の人ならば、お金に窮してカードローンを利用していることを他人には知られたくないはずです。特に会社の上司や同僚には知られたくないのです。在籍確認をされて借金をしようとしていることが知られてしまうことが不安で、カードローンの申し込みを躊躇する人もいますが、特に気にする必要はありません

在籍確認といっても、カードローン会社の名前で電話連絡があるわけではなく、個人名などで連絡をしてくるのです。もちろん、本人が電話に出る必要はありません。仮に出張していたり、会議などで席をはずしていても、他の人が電話をとり、出張中、会議中ということがわかれば、確かに在籍しているという判断ができるからです。また、審査に通らない理由として意外と多いことは、今の職場に長年勤務していないことです。転職ばかりしている人は、安定した収入を得ているとは考えられないからです。

カードローンの審査について

YUKAPAKU3246_TP_V

カードローンは銀行、消費者金融のいずれでも申し込みを受け付けていますが、申し込みをすればかならず正式な契約をすることができるかといえばそうではありません。申し込みを受け付けた段階で、銀行や消費者金融では、その人についての審査を行い、審査にパスした場合だけが、正式な契約をすることができると考えるのが妥当といえます。

この審査についてですが、ごく少額を借り入れるのであれば、本人の身分確認ができる運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの書類だけを提出すればよく、高額になると、そのほかにも勤務先からの源泉徴収票や年度末に税務署に提出する確定申告書の控えなどといった、収入の実態が具体的にわかる資料を要求されることがあります。

審査の内容については公開されてはいませんが、基本的にはその人に借金を返済するだけの能力があるかどうかを確認するものですので、中心となってくるのは年収、勤務先、勤続年数、雇用形態などといったファクターとなります。これらは基本的には本人が申込書などに記載をしたものをもとにして、銀行や消費者金融でチェックをするというかたちになりますので、偽りなどがないように、正確に記入しなければなりません。

特に、収入が銀行などが基準にしている金額よりも少ない場合や、年金収入などのほかに働くことで得られるような収入がまったくない場合、パートやアルバイトのように雇用形態が不安定な場合には、審査のなかでカードローンの契約をことわられてしまう可能性があります。

もっとも、最近では顧客層を増やすために、カードローンであっても積極的にパートやアルバイトなどでも借入ができることをうたっているような業者もありますので、審査の面で不安があるのであれば、最初からそうした銀行や消費者金融に申し込みをしておくのもひとつの手といえます。そのほか、過去に自己破産や個人再生などにより、債務を免除してもらうなどの事実があると、返済能力がない人とみなされて、審査の際に不利になることがあります。

何か困ったらまずは金融会社に電話して相談してみる

融資関連の商品を利用している方々は、たまに困っています。 その理由は様々で、例えば返す締め切りはその1つですね。決められた日程までに返さなければなりませんが、それに遅れそうな方々も見られるのです。締め切りに遅れてしまえば、色々と困った事になってしまいます。

それと、急ぎのニーズなどもその1つと言えるでしょう。人によっては、ちょっと急いで借りたいと思っている事もあるのですね。葬式などで急ぎでお金を調達したい時などは、なるべく速やかに手続きを進めてほしい物です。しかし会社のルールがあって、それが困難なケースもたまに見られるのですね。どうしても審査に時間がかかってしまうとなると、少々困るでしょう。
キャッシング利用者の方々は、このように様々な悩みを抱えています。上記のような急ぎニーズが生じているとなると、少々焦ることも多いでしょう。 その場合は、ちょっとオペレーターの方に相談をしてみると良いですね。オペレーターとは、金融会社の電話の受け手の方々を指します。たいていの金融会社では、電話番号を用意してくれているのですが、必ず担当者がいらっしゃるのですね。その方々に相談をしてみると、たまに柔軟に対応してくれる事があります。

AKANE20160312012313_TP_V

例えば前述の支払いに遅れそうな時ですが、それを電話担当の方に相談してみると、臨機応変に対応してくれる事があるのです。試しに電話をかけてみれば、それを実感する事ができるでしょう。 それと後者の急ぎニーズなのですが、それをたまに柔軟に対応してくれる事があります

本来であれば、1営業日ほど待たなければならないとします。しかし葬式では、それでは困るのですね。それで電話担当の方に相談をしてみると、少し早めてくれる事があります
ちなみに電話のオペレーターの方々は、利用者からの相談を受け付けるのも、仕事内容の1つなのですね。ですのでキャッシング利用時に何かで困った時には、とりあえずは電話をしてみるのが良いでしょう。

銀行のカードを保有していなくても借りる事ができる商品も

0I9A858415070153yuka_TP_V

銀行から融資を受けるとなると、キャッシュカードが求められるケースが多々あります。いわゆるキャッシングなどでは、それが必要な事も多いのですね。 例えばある銀行の場合は、新規申込の方々を募っています。公式サイトにて多くの申込を受け付けているのですが、その商品を利用するためには、カードが必要になるのですね。つまりその銀行のカードを持っていないと、借りる事ができないのです。あくまでもカードと連動している商品になるからです。

銀行が扱っている商品を幾つか見てみると、そのようなパターンは意外と多いですね。思えば、自動融資という商品もあります。口座の残高が不足していて、料金の引き落としができなくなるのを防ぐ為の商品なのですが、預金口座と連動しているのですね。その商品を使うためには、カードは必要になる訳です。

しかし全ての金融機関のキャッシングにて、カードが求められるとは限りません。一部の金融機関によっては、それが無くても借りる事が可能なのですね。 例えば三菱東京UFJ銀行による商品の場合は、預金口座は不要なのです。もちろん口座を持っていればベストなのですが、実はそれを保有していなくても、その銀行から借りる事ができます。

ただしその銀行から借りるとなると、また別のタイプのカードは必要になるのですね。そのカード受け取りの手続きは必要ですが、預金商品の口座は不要なのです。 何も三菱東京UFJだけではありません。他行の商品を見てみると、そのようなタイプをいくつか見かけるのですね。 もちろん借りようと思うのであれば、普通預金の口座が無いタイプの方が、手続きはスムーズな傾向があります。

わざわざ普通預金の口座を作るとなると、それだけ時間がかかってしまうものだからです。急いで借りたいと思うのであれば、普通預金の口座が不要なタイプの商品に着目してみると良いでしょう。比較サイトなどを用いると、そのような商品を手っ取り早く見つける事ができると思います。

キャッシングの新規申込の前にカードの保有枚数を減らしておく

CSS85_hurikaeruyouko20131019_TP_V

キャッシングの新規申込をしている方々の状況は、色々です。中には、すでにクレジットカードを保有している方も見られるのですね。そのような方々の場合は、少々注意を要します。なぜならその金融商品で借りるのが難しくなるケースが、たまに見られるからです。

人々の中には、カードを複数枚保有している方も見られます。1枚だけではなく、複数枚ですね。理由は色々考えられるのですが、ポイントが目的になっている事が多いようです。多くのお店では、ポイント制を採用していますね。お店で買い物をすればポイントが蓄積されるので、それを目当てに複数の会社でカードを作っている方もいらっしゃるようです。もちろん他の理由もあるでしょう。

ところでカードの枚数は、キャッシングで借りる事ができる難易度との相関関係が見られるのですね。結論から申し上げれば、金融会社で新規申込をしようと希望している時は、できるだけ枚数を減らしておくべきでしょう。というのもそれは、破産確率と大きな関係があるからです。

金融業界には、1つのデータがあります。人々は破産する確率と、カードの保有枚数なのですね。多くのカードを保有している方々の場合は、ちょっと破産する確率は高めになっているのだそうです。たとえそのカードを使う頻度が非常に低くても、破産する確率はかなり高いとのデータがあるのですね。少なくともカードの保有枚数がゼロの方に比べると、破産確率は高いと言われています。

もちろん金融会社としては、破産されると困ってしまうでしょう。 そして金融業界には、情報共有のシステムがあります。誰が何枚を保有しているか、一発で分かるのですね。 ですので融資を受けたいと考えている場合は、ちょっとカードを解約しておくのも一法です。全くカードを保有しないのも少々不安だと思いますので、1枚程度は残しておく方が良いでしょう。それでカードを減らしてから、改めてキャッシングの申込をすると良いですね。

キャッシングを利用して気づいた良い点・悪い点

okanemochi

私がキャッシングを初めて利用したのは 20代後半でした。そこそこ大手の会社に勤務していたのでお金に困ることもなく逆にバブル時代だったこともあり給料とボーナスを余すことなく使ってました。(今思えばそこが失敗のもと)結婚して仕事と家事の両立が煩わしくなってしまった私は仕事を辞めてしまいました。

その後、バブルがはじけてしまいましたが金銭感覚が麻痺したままお金を使っていた結果、キャッシングによる返済生活が始まった訳です。多い時は3社から借りてました。それは…例えばA社からの借入金額が限度額に達してしまうとA社に返済するためにB社から借りてしまう…いわゆる多重債務に陥ってしまったのです。自分で言うのも何ですが、真面目に返済しようとするあまりそうなってしまったんでしょう。

最終的にC社に手を出した時点でこれではマズイ事態になると深刻に悩み徹底的にお金の使い道を考え直し、パートの時間を増やし新たに借りることはしないで返す為に色々考えました(これが一度ハマるとなかなか脱け出せない底無し沼なんです)

多少期限が遅れても新たに借り入れをするより遅延金を払う方が負担は少なくて済む場合もあるんです。それはローン会社の方にきちんと相談する事です(勝手に判断すると更に痛い目に合うので気をつけて下さい)収入と支出のバランスを考え家計費を徹底して見直しどうしてもやむを得ない時にだけ借りる。これが大前提。今は借入金は一切ありませんがそれでも急な出費はあります。

そんな時はキャッシングしますが返済金額は5万円以内と決めています。それなら多重返済にならずに済むから。自分の収入を十分に把握した上で利用すればいざとゆう時に困らないで済みます。 キャッシングを利用する場合はまずは本当に必要なお金かどうか?十分に考えて利用しましょう。過去の苦い経験は繰返したくはありません。CMでよく耳にする『ご利用は計画的に?』を身をもって体験したお話しでした。

商品が売り切れになる前にキャッシングで借りる

GREEN20160902172018_TP_V

キャッシングを利用している方々には、必ず何らかの理由があります。冠婚葬祭などに伴ってその融資商品を使っている方も多いのですが、ショッピングも案外と多いのですね。特に一刻も早く商品を購入したいと思っている方などは、その融資商品を利用しているケースも珍しくありません。 一刻も早く欲しい商品には、1つ共通点があります。売り切れる早さですね。そもそも自分が欲しがっている商品は、他の方々も魅力を感じている事が多いのです。

例えばとても素適な洋服が、あるお店に陳列されていたとしましょう。デザインが非常に素適なので、何が何でも欲しいと思ったとします。 ところでそのように感じている方は、他にもいらっしゃるのですね。自分がそのように感じている訳ですから、他の方々も同じように考えていても不思議はありません。 という事は、余りのんびり構えてしまっていると、その商品が売り切れてしまう可能性があるのです。せっかく商品が素敵だと思っていてもて売り切れてしまうのは非常に悲しいですね。

人々が冒頭の融資商品を利用するのは、そのような時だと言われています。特に賃金業者を利用している事例が多いようですね。 売り切れになる確率が比較的高いとなると、ちょっと銀行では他の方々に先を越されてしまう可能性があります。ところが賃金業者の場合は、即日で借りれるケースが大変多いのですね。会社によっては、申込をしてから数時間後に入金される事もあります。

数時間後に振り込まれれば、売り切れを回避できる可能性も高まるでしょう。ですので売れ筋商品とキャッシングとの間には、密接な関係がある訳ですね。 そして私たちの購買意欲は、いつ生じるか分からない一面もあります。それを考えると、できるだけ早めに金融会社で申込をしておく方が良いと思いますね。すでに既存客になっていれば、非常にスピーディーに融資を受けられる事が多いからです。必要な時に必要な物を購入できるようにしておく為にも、早めに申し込みを済ませておくと良いでしょう。